【’24年度版】神奈川県公立高校の志願変更制度について解説<公立高校入試Q&A>

神奈川県の公立高校入試では、出願後、一度だけ志願変更ができる制度があります。この記事では志願変更制度について、スケジュールや注意点をまとめました(最新2024年度入試の情報です)。

▼関連記事

公立高校の志願変更制度とは?

出願後、一度だけ志願先を変更できる

神奈川県の公立高校入試では、一般募集の場合、最初の出願期間後に一度だけ出願先を変更できます。2023年度入試では、前年より753名増の3,950名が志願変更の手続きを行いました。

出願期間後に判明する各高校の倍率などを参考に、自分の合格可能性を検討し、志願変更するケースが多くあります。

志願変更のスケジュール

2024年(令和6年)度入試の志願変更のスケジュールは以下の通りです。

  1. 高校への出願期間…1月24日(水)午前0時~1月31日(水)正午
  2. 各高校の出願時倍率発表…1月31日(水)県教委の発表はこちら
  3. 志願変更期間…2月5日(月)午前0時~2月7日(水)正午
    (2月5日・6日は、志願者数を各高校のホームページで閲覧可。7日は神奈川県のホームページ「記者発表」にて閲覧可)

志願変更2日目の状況をステップホームページへ公開しました(2024/2/6 17:30)

志願変更の手順・流れ

’24年度入試より、申請がWEBで完結するように

2023年度入試までの志願変更は、 ①中学校で書類を受け取る ②その後、変更前の高校に行って書類を受け取る ③さらに変更先の高校に行って書類を提出、という受験生にとって負担の大きい手続きでしたが、今回の入試からWEBでの申請に変わります。

手続きの流れは以下の通りです。県立・市立間の変更、通信制→定時制への志願変更などの場合は、受検料の差額の納付や再納付が必要です。

【受験生】担任に志願変更を申し出る

【中学校】担任がシステム上で「志願変更許可」

【受験生】志願変更内容を入力、申請

【受験生】受検料納付(差額納付や再納付の必要がある場合のみ)
【中学校】担任が志願情報を確認

【中学校】校長が承認(高校に情報が送信される)


赤字は志願変更期間(2月5日(月)午前0時~2月7日(水)正午)のみ可能

志願変更の際の注意点は?

志願変更期間は、2月5日(月)午前0時~2月7日(水)正午の2日半と、出願期間と比べてタイトな日程です。加えてこの期間は、担任の先生側での操作や、確認・承認まで含めたものとなっていますので、注意してください。

申請の前に、担任の先生による「志願変更許可」の操作が必要

2月5日(月)午前0時以降に、担任の先生にシステム上で「志願変更許可」の操作をしてもらわないと、受験生側は入力・申請作業に入ることができません。志願変更を決めたら、すぐ担任の先生に伝えましょう。

中学校での確認・承認も含めた締切である点に注意

また、志願変更も出願と同様、締切までにシステム上で担任の先生が申請内容を「確認」し、中学校長が「承認」する必要があります。この際、申請内容に誤りがあると、差し戻しを受け再申請となります。そのため、「締切3分前」等の手続きは時間的に厳しいと考えられます。

「志願変更許可」の操作をしてもらった後で、志願変更をしないことにした場合

担任の先生に「志願変更許可」の操作をしてもらったものの、「やっぱり志願変更はせずに、当初出願した高校を受験しよう」と決めた(志願変更申請をしない)場合は、受験生が出願サイト上で「志願変更の取りやめ」を行います。この操作を行わないと、受検票のダウンロード・印刷(2/9(金)~)ができないため、気をつけましょう。

※志願変更の手続きが完了した後は、取りやめを行うことはできません。

関連記事

〇志願変更について、県が定める期間より短いスケジュールを提示されたり、「志願変更はしないように」と伝えられるケースについて

〇志願変更を含め、出願~合格発表まで「出願サイト」で行う作業について

動画でわかる 高校入試Q&A

学習塾ステップ公式YouTubeチャンネルで、「高校入試、ここが知りたい!」と題し、神奈川県の公立高校入試や、私立高校入試についてよくあるご質問にお答えしています。ぜひご覧ください。

公立高校編 再生リスト

2024年度入試はこう変わる!(面接一斉実施の廃止・第2次選考での観点別評価の得点化について)
学芸大附属高校に合格したら公立は受けられないの?
志願変更の仕方は? 学力検査を受検できなかったら?(追検査について)

私立高校編 再生リスト

神奈川県の私立高校入試の仕組み
神奈川と東京の私立入試制度は何が違う?(併願確約と併願優遇の違い)
専願確約や併願確約は本当に不合格にならない?
推薦・併願確約等の加点について
法政第二・法政国際・中大横浜の高校入試(内申点の上位順に決まる選考方式)について
併願確約と併願優遇・オープン入試は併用できる?