1. ステップ トップ
  2. 神奈川県の入試制度:神奈川県公立高校 入試の仕組み

神奈川県公立高校 入試の仕組み

県立高校は全県一学区、県内どこからでも受験可能!

2004年度入試までは、神奈川県の県立高校は18学区に分かれており、自分の住む「学区」の高校を志願するのが基本で、学区外受験者は定員の25%までしか受け入れられませんでした。
ところが、2005年度入試からは、県立高校の学区が撤廃され、全県一学区になりました(市立高校には学区があります)。
この学区撤廃によって、高校選択の自由度が大幅に拡大し、人気校には全県的に志願者が集中するようになりました。

神奈川県の公立高校入試制度

神奈川県の公立高校入試は、選抜機会は1回で、受験者全員が学力検査と面接を実施します。
・募集は各高校の学科・コースごと、出願したあと、期間中に1回の志願変更が可能です。
・志願の際は「入学願書」と「面接シート」を志願する高校に提出します。
・学力検査は、外国語(英語)・国語・数学・理科・社会の5教科を原則とし、選択問題はマークシート方式です。
*特色検査を実施する高校の場合、3〜4教科に教科数を減らしている高校もあります。
・面接は個人面接で、2人以上の面接担当者が行います。面接時間は10分程度です。

共通選抜の選考資料

共通選抜では、「内申点」「学力検査」「面接」および「特色検査」の結果が選考の資料となります。

内申点

2年内申の9教科合計と、3年内申の9教科合計を2倍した135点満点です。ただし、各高校の判断で3教科以内、各2倍の範囲で傾斜配点をつけることができます。

学力検査

基本的に英語・数学・国語・理科・社会の5教科の数値を使用します。検査時間は50分、各教科の満点は100点。
「基礎的・基本的な知識及び技能」「思考力、判断力、表現力等」を測ります。「思考力を測る」記述式の問題も出題されます。
※特色検査を実施する場合、3~4教科での実施もあります。また、各高校の判断で2教科以内、各2倍の範囲で傾斜配点をつけることができます。

面接

中学校における学習意欲や、校内外の教科等以外の活動に対する意欲を見ます。下記の3つの「共通の観点」をもとに行います。
1 入学希望の理由
2 中学校での教科等に対する学習意欲
3 中学3年間での教科等以外の活動に対する意欲
高校に入学してからの活動意欲や将来の展望など、「学校ごとの観点」を設定することもあります。
志願時に志望理由や自分の良いところなどを記入した「面接シート」を提出します。

特色検査

特色検査は高校によって「実技検査」と「自己表現検査」があります。
実技検査は、例えば美術関連の科目ではデッサン、英語関連では英問英答、体育関連ではスポーツ種目などが挙げられます。
また自己表現検査では、「テーマに基づく『スピーチ』『グループ討論』『作文』」「提示された資料を活用した記述」があげられており、教科を超えた総合的な力が問われます。
STEPの特色検査対策

ページトップへ戻る

共通選抜の選考方法

共通選抜は、内申・学力検査・面接・特色検査(実施する場合のみ)のそれぞれを100点満点に換算し、各高校で設定した係数をかけて合計した「S値」に基づく選考です(第2次選考では、内申を選考の資料としません)。
※第1次選考では調査書と学力検査、第2次選考では学力検査のうち、一部の教科について重点化する学校があります。

実際にS値を計算してみよう!

ページトップへ戻る