横浜翠嵐高校の塾別合格者数比較【2020年度入試】

   2020/06/02

【2020年6月2日】ISP進学研究会の実績を追加いたしました。

各塾のHPに掲載されている合格者人数を元に、今春の入試結果の高校別合格者数を調査、集計してみました。

2020年度入試の結果を見てみると、ステップの横浜翠嵐高校合格者は昨年よりも14人増の137名で、今年度も全塾中No.1です。塾別合格状況は臨海セミナーが117名、湘南ゼミナールが88名と続き、上記3塾による占有率は95.0%となっています。
定員が358名(実際の合格者数は360名でした)なので、上記3塾以外の合格者がどこの塾に通っていたかを調査してみると、早稲田アカデミー(8名)、国大Qゼミ(2名)、横浜北部にあるアプト学院(2名)、川崎にあるISP進学研究会(2名)、SAPIX(1名)、中萬学院(1名)、翠嵐高校合格専門岡本塾(1名)、TOMAS(1名)が実績を出しており、新百合ヶ丘に本部のある多摩英数進学教室、個別指導学院サクシードからも人数は不明ですが合格者が出ています。
上記を合計すると合格者数が360名を超えることになり、どこかでダブルカウントが生じていると考えられます。メインの学習塾に通いながら個別指導塾に同時に通っている生徒さんがいるのではと推測されます。

2019年度入試を振り返ってみると、ステップの横浜翠嵐高校合格者は123名で、全塾中No1を獲得しました。同高校の塾別合格状況をみると、湘南ゼミナールは101名、臨海セミナーが97名と続き、これらの3塾による占有率が89.7%とおよそ9割近くという結果になっています。
残り37名(10.3%)の翠嵐合格者を出したのはどの塾かを調査したところ、早稲田アカデミーから20名、SAPIXとZ会進学教室からは3名。続いて、アプト学院、佐々木塾、そして栄光ゼミナール、中萬学院がそれぞれ合格者2名、海老名市の日能進学教室、横浜市を中心に展開している国大Qゼミ、小田原にある慧真館、東横沿線に展開する翠嵐高校合格専門岡本塾がそれぞれ1名の合格を出していました。

※なお、2020年度の入試結果は3/25(水)時点でHPおよびチラシに記載されている情報を元にいたしました。ここに掲載されていない塾等で合格者を出しているケースをご存知の方がいらっしゃいましたら、kouhou@stepnet.co.jpまでぜひメールをお寄せください。

湘南高校の塾別合格者数はこちらをご覧ください。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket