横浜翠嵐高校 過去3年の各塾からの合格者数【2021年度版】

今春の東大合格者数の躍進が話題になるなど、注目を集める県立横浜翠嵐高校。今春2021年度入試を含む過去3年間の各塾からの合格者数を調査、集計してみました。
※各塾のホームページに掲載されている合格者人数を元に集計しています。

横浜翠嵐高校 塾別合格者数比較表

上記以外にも合格者がいると思われます。
もし、ここに掲載されていない塾等で合格者を出しているケースをご存知の方がいらっしゃいましたら、kouhou@stepnet.co.jpまでぜひメールをお寄せください。
また、掲載している実績に万一誤りがございましたら、訂正いたしますので、上記までメールでお知らせください。

2021年度

2021年度入試では、横浜翠嵐高校の合格者358名に対し、ステップからの合格者は136名(3年連続 全塾中No.1)。合格者のうち38.0%がステップの卒業生です。

次いで臨海セミナーが103名、湘南ゼミナールが93名。
この3つの塾の合格者を合計すると332名になり、合格者数全体の92.7%を占めています。

上記3塾以外では、早稲田アカデミーから12名が合格。
さらに中萬学院、BRESTグループから2名が合格。そしてZ会進学教室、栄光ゼミナール、横浜市都筑区にあるアプト学院、横浜市中区の黄学館、川崎市幸区の歩実塾が1名ずつ合格者を出しています。

上記を合計すると、わずか11塾で353名と、あと5名で総合格者数に達します。
塾に通っていない生徒も一部いるでしょうから、トータルでは総合格者数を上回る可能性が高いと思われます。

2020年度

2020年度入試を振り返ってみると、ステップの横浜翠嵐高校合格者は137名。
臨海セミナーが117名、湘南ゼミナールが88名と続き、上記3塾による合格者数は計342名と、合格者数全体の95.0%を占めていました。

上記3塾以外には、早稲田アカデミー(8名)、国大Qゼミ(2名)、アプト学院(2名)、川崎にあるISP進学研究会(2名)、SAPIX(1名)、中萬学院(1名)、東横沿線に展開する翠嵐高校合格専門岡本塾(1名)、TOMAS(1名)、横浜・町田市内に展開する日新義塾(1名)が実績を出していました。
新百合ヶ丘に本部のある多摩英数進学教室、個別指導学院サクシードからも合格者が出ているようですが、人数は不明です。

上記を合計すると、この年の翠嵐の全合格者数(360名)を超えることになります。
上記はわずか14塾の合計であること、ノー塾の生徒も存在するだろうことを考えると、一部ダブルカウントが生じていると考えられます。

2019年度

2019年度入試では、ステップの横浜翠嵐高校合格者は123名。
湘南ゼミナールは101名、臨海セミナーが97名と続き、以上3塾の合格者数は合わせて321名。これは合格者数全体の89.7%に当たります。

上記3塾以外では、早稲田アカデミーから20名、SAPIXとZ会進学教室からは3名が合格。
続いて、アプト学院、佐々木塾、栄光ゼミナール、中萬学院がそれぞれ合格者2名、海老名市の日能進学教室、横浜市を中心に展開している国大Qゼミ、小田原にある慧真館、翠嵐高校合格専門岡本塾がそれぞれ1名の合格者を出していました。

この年も、判明している各塾の合格者数を合計すると、全体の合格者数(358名)を超えることになりますので、どこかでダブルカウントが生じていると考えられます。

<参考>3塾合格者数の推移