1. ステップ トップ
  2. 神奈川県の入試制度:神奈川県公立高校 入試の仕組み

神奈川県公立高校 入試の仕組み

県立高校は全県一学区、県内どこからでも受験可能!

 2004年度入試までは、神奈川県の県立高校は18学区に分かれていました(下記参照)。
自分の住む「学区」の高校を志願するのが基本で、学区外受験者は定員の25%までしか受け入れられませんでした。
 ところが、2005年度入試からは、県立高校の学区が撤廃され、全県一学区になりました(市立高校には学区があります)。
この学区撤廃によって、高校選択の自由度が大幅に拡大し、人気校には全県的に志願者が集中するようになりました。

神奈川県立高校旧学区

共通選抜の仕組み

新入試制度のポイント

2013年度入試より、従来の「前期選抜」「後期選抜」を一体化し
「共通選抜」という受験者全員が学力検査と面接を受ける1回の選抜機会になりました。

  これまでの入試 2013年度からの入試
募集人員 ○前期選抜(学力検査:無)
総定員の20%以上50%以内の範囲で、各高校ごとに設定します。
○後期選抜(学力検査:有)
各高校の総定員から前期選抜の募集人員を引いた数字です。
○共通選抜
各高校の学科・コース等ごとに募集を行います。
募集人員は、募集定員の100%とします。



志願に必要なもの ○前期選抜
「入学願書」と「自己PR書」を志願する高校に提出します。
全員が「入学願書」「面接シート」を志願する高校に提出します。「面接シート」は、面接の際、参考にするものです。
志願変更について 後期選抜では期間中に1回の志願変更ができます。 期間中に1回の志願変更ができます。
検査内容 ○前期選抜
面接を行います。学力検査は行いません。
○後期選抜
外国語(英語)・国語・数学・理科・社会の5教科のうち、3教科から5教科の範囲で各高校が決めた教科で学力検査を行います。
また、各高校独自の問題で学力検査を行う場合もあります。
全員に学力検査と面接が課されます。
「学力検査」は、外国語(英語)・国語・数学・理科・社会の5教科を原則とします。
*特色検査を実施する高校の場合、3~4教科に教科数を減らすこともできます。
学力検査について
「面接」は、個人面接で2人以上の面接担当者が行います。面接時間は10分程度です。
特色検査 ○前期選抜
必要に応じて「作文」「実技検査」「自己表現活動」を実施する場合があります。
高校により共通の検査に加えて、「特色検査」を実施する場合があります。
「特色検査」は、「実技検査」「自己表現検査」の2種類です。
特色検査について
選考方法 ○前期選抜
事前に公表される「総合的選考の選考基準」に基づき、調査書における学習の記録(内申点)や記載事項(資格・部活動や生徒会の活動実績など)、面接の結果、および各校の必要に応じて実施した検査の結果(作文・実技検査・自己表現活動)を総合して選考します。
○後期選抜
「第1次選考(定員の80%)」と、「第2次選考(定員の20%)」を実施します。
〔第1次選考〕
「内申」+「学力検査」で選考します。内申:学力検査の比率は各高校で選ぶことができ、その比率で100点満点に算出した数値(C点)で合否を判定します。
〔第2次選考〕
各高校ごとに定めた選考基準に基づく選考が行われます。学力検査中心で合否判定されます。
「第1次選考(定員の90%)」と、「第2次選考(定員の10%)」を実施します。(下記図参照)

〔第1次選考〕
「内申」+「学力検査」+「面接」(+「特色検査」)で選考
します。
内申:学力検査:面接の比率は各高校が決めます。
第1次選考の選抜方法について

〔第2次選考〕
内申を資料とせず「学力検査」+「面接」(+「特色検査」)で選考
します。
*クリエイティブスクール(田奈高校、釜利谷高校、大楠高校)は、学力検査は行いません。また、内申は選考資料として扱わず、総合的な選考を行います。
募集人員の違い

共通選抜の選考資料

共通選抜では、「内申点」「学力検査」「面接」および「特色検査」の結果が選考の資料となります。

内申点

2年内申の9教科合計と、3年内申の9教科合計を2倍した135点満点です。ただし、各高校の判断で3教科以内、各2倍の範囲で傾斜配点をつけることができます。

学力検査

基本的に英語・数学・国語・理科・社会の5教科の数値を使用します。検査時間は50分、各教科の満点は100点。
「基礎的・基本的な知識及び技能」「思考力、判断力、表現力等」を測ります。「思考力を測る」記述式の問題も出題されます。
※特色検査を実施する場合、3~4教科での実施もあります。また、各高校の判断で2教科以内、各2倍の範囲で傾斜配点をつけることができます。

特色検査

特色検査は高校によって「実技検査」と「自己表現検査」があります。
実技検査は、例えば美術関連の科目ではデッサン、英語関連では英問英答、体育関連ではスポーツ種目などが挙げられます。
また自己表現検査では「テーマに基づく『スピーチ』『グループ討論』」(神奈川総合高校、光陵高校)や「教科横断的な記述問題」が実施されました。記述問題は資料の読み取りや、作文など多岐にわたり中学校で学んだ内容を総括する問題が多く出題されました。
平成29年度入試 各高校の特色検査の概要
STEPの特色検査対策

面接

中学校における学習意欲や、校内外の教科等以外の活動に対する意欲を見ます。下記の3つの「共通の観点」をもとに行います。
1 入学希望の理由
2 中学校での教科等に対する学習意欲
3 中学3年間での教科等以外の活動に対する意欲
高校に入学してからの活動意欲や将来の展望など、「学校ごとの観点」を設定することもあります。
各高校の選考比率と面接の評価観点
志願時に志望理由や自分の良いところなどを記入した「面接シート」を提出します。

ページトップへ戻る

共通選抜の選考方法

共通選抜の第1次選考では「内申」+「学力検査」+「面接」(+「特色検査」)で選考します。内申:学力検査:面接の比率は各高校によって異なります。(下記参照)
第2次選考では内申を資料とせず「学力検査」+「面接」(+「特色検査」)で選考します。
※第1次選考では調査書と学力検査、第2次選考では学力検査のうち、一部の教科について重点化する学校があります。M
重点化を導入した主な高校一覧

共通選抜資料(第1次選考)の計算方法と具体例

S値を計算してみよう!

ページトップへ戻る

実力勝負中心の入試に!


 新入試制度の共通選抜では、2012年度まで実施されていた「前期選抜」のような、ほぼ内申だけで合否が決まる枠はありません。
 第1次選考(全定員の9割)での、内申と学力検査と面接の資料の比率は、各高校ごとに設定されます。この入試比率ですが、例えば内申2:入試6:面接2になると、内申1ポイントは入試約1.23点に相当します(右表参照)。
 また、内申3:入試5:面接2の場合でも、内申の1ポイントは入試約2.22点に相当します。
 これらは、2012年度までの「後期選抜」で使用された内申4:入試6の入試重視の比率と比べても、より入試に比重がおかれた計算方式となりますので、これまで以上に内申の差を逆転しての合格が可能となるでしょう。
 一方、内申4:入試4:面接2の場合は、内申1ポイントは入試約3.70点に相当します。2013年度入試では数だけで見ると多くの高校がこの比率を設定しました。高内申の受験者はアドバンテージをもって受験に臨めそうです。
 
 第2次選考(全定員の1割)では、調査書については、学習の記録は資料とせず、学力検査と面接中心で合否の判定がされます。内申では合格ラインに届かない生徒も、当日の入試で高得点をとることで、合格することが可能です。
 新入試制度の学力検査では、これまでよりも点差が開くとみられますので、逆転合格の可能性がさらに高くなるでしょう。