【昨年比較を掲載】2021年度 神奈川公立中学校進路希望調査(横浜翠嵐が希望者1,062名で2.97倍…など)

 11月26日(金)に神奈川県教育委員会から、「令和3年度 公立中学校等卒業予定者の進路希望調査」の結果が発表されました。
 この内容をまとめた「ステップニュース速報」(11月26日発行)を掲載いたします。

進路希望調査について

10月20日時点の中3生の進路希望を調査したものです。例年、11月下旬に公表されています。
10月時点での希望調査のため、出願までに志望者数が大きく増減するのも珍しくありません。大まかな志望動向を見るものだとお考えください。

主なトピックス

希望者数は横浜翠嵐高校がトップで1,062名。次いで湘南高校784名、海老名高校779名、横浜緑ケ丘高校768名と続きます。
倍率の高いところでは、横浜翠嵐高校が2.97倍、横浜緑ケ丘高校が2.76倍、多摩高校が2.45倍、新城高校が2.37倍といったところが目立ちます。

各高校の詳しい状況(ステップニュース速報)

クリックすると拡大します。PDFはこちら。

ステップ(STEP)はこんな塾です

ステップについて、初めての方むけにステップのスタンスや特長を、8項目にしてホームページでご紹介しています。
(以下、8項目より一部を抜粋)

▼教師は、教えることを本来の仕事にしている専門家集団です
▼電話勧誘や校門前配布などの勧誘活動は行いません
▼費用のオープン化に努めています
▼特待生制度や友人紹介キャンペーン等は行いません