我が家の夏休み定番レシピ 麺類編

 

夏休みに入ると、悩むのが毎日のお昼ごはん。そこで、小5・6の塾生の保護者の方から「夏のお昼ごはんのおすすめメニューや食生活で工夫していること」を紹介していただきました。
今回は麺類編。冷たい「そうめん」や「うどん」の出番が増える夏。いつも同じじゃつまらない! ぜひ皆さんのオススメレシピを試してみませんか?

栄養バランスばっちり「ツナサラダうどん」

冷うどんの上にレタス、きゅうり、ミニトマト、ツナ、天かすをのせて、めんつゆをかけるだけ。たんぱく質、ビタミン等、栄養バランスよく食べられるし、使うお皿が1枚だけなので、食器洗いも楽です。飲み物は熱中症対策にコップ1杯の牛乳を出します。(小6/F.S.さん)

サラダチキンもおすすめ!

夏は暑くて食欲がなくなるので、コンビニやスーパーで売っているサラダチキンを使って、さっぱりサラダうどんを作ります。サラダチキンはそのまま食べられるので、トマトやきゅうりなどの野菜を切ってのせるだけですぐに作れます。麺も水でほぐすだけのものを用意しておけば、火を使わないので、安心して子供だけでも作ることができます。(小6/ひまわりさん)

息子も作れる「釜玉うどん」

私が仕事のときは、なるべく自炊できる食材を用意しておきます。息子が好きなのは「釜玉うどん」。うどんを茹でて、生卵、ネギ、めんつゆ、胡麻油をかければ完成というとても簡単なものなので、息子は自分で作っています。今年はもっと自炊できるものを考えます。(小6/モンブラン大好きさん)

我が家で人気のカレー味そうめん

暑くて食欲がないときは、やっぱりそうめんです。我が家ではカレー味が人気です。しょうゆベースのつゆにカレー粉を溶かすだけの簡単メニューで、トッピングはきゅうり、トマト、ツナが人気です。(小5/モリエルさん)

そうめんをいろいろアレンジ

我が家ではそうめんの「アレンジ版」が定番です。少しでもタンパク質を取ってもらえるように工夫。鳥そぼろや蒸し鶏とオクラをトッピングしたり、夏野菜(あげなす、きゅうり、トマト)と豚肉の冷しゃぶをトッピングして、冷たいだし汁をかけていただきます。息子は鼻を鳴らして食べます(笑)。(小5/Bestieさん)

栄養満点「ネバネバうどん」

夏は食欲がなくなるので、麺メニューが多いです。我が家では「ぶっかけネバネバうどん」が好評です。ひきわり納豆、めかぶ、ねぎ、のり、卵を茹でたうどんにのせ、めんつゆをかけて出来上がりです。栄養満点で食べやすいので、夏バテ予防になり、とても美味しいです。(小6/takatakaさん)

普通に食べるのに飽きたら「そうめんチャンプルー」

野菜が特売のときにまとめ買いし、半分は新鮮なうちにカット野菜にして冷凍保存しています。ストックさえあればすぐ作れるので、具だくさんのみそ汁におにぎりを添えたり、きざんでオムライスやチャーハンの具にします。夏に出番が増えるそうめんも、普通に食べるのに飽きたら、ツナ、野菜を炒めて、「そうめんチャンプルー」だと子供が喜びます。(小5/キナコさん)

ツナ缶を使ったパスタ

ツナ缶、塩昆布、めんつゆ、バター、チンした玉ねぎに茹でたパスタを合わせ、きざみのりをかけて完成。簡単で子供も大好きなメニューです。(小6/あくびちゃん)

親子で意見を出し合っています

麺好きの子供たちなので、夏休みが始まるとドカっと数種類の麺を箱買いしておきます。あとは、日によって、それこそ実験のように「今日はこの野菜を合わせてみよう」、「明日は肉を使ってみよう」と親子で意見を出し合っています。(小6/N.Kさん)

 
作ってみました!「塾ごはん」 
「部活で遅くなり、学校から帰ってきてすぐに塾に向かう時、ゆっくりご飯を食べている時間がないことも多い。そんなとき、ステップに行く前や、スクールで手早く食べることができるメニューを特集してほしい!」という声が保護者の方から寄せられています。その声にお応えし、手軽に食べられる「塾ごはん」を紹介しています。  
保護者のみなさまからの投稿もお待ちしています。  
※料理写真・料理名・ペンネーム・作り方・コメントを添えて、ステップニュース掲載のアドレスまでお送りください。掲載させていただいた方には、粗品をお送りいたします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket