1. ステップ トップ
  2. 高校受験STEP
  3. 特別講座
  4. 公立中高一貫校対策講座

公立中高一貫校対策講座:

冬期講習 | 小6生対象 公立中高一貫対策講座 | 開講スクール・時間帯 | 年間予定 | 授業料

・公立中高一貫校の合格実績は こちら
・小5生対象の「公立中高一貫対応クラス(Kクラス)」は こちら

 2021年春から新小5(現小4)の公立中高一貫校対策講座がスタートします!

 ステップでは、県立相模原中等教育学校と県立平塚中等教育学校の適性検査に照準を絞って受検対策を行っています。
この2校は、6年間を通して一体的な中高一貫教育を行う学校として、'09年4月に開校しました。
 共通した特徴は、高校1年にあたる学年で外部の中学校からの入学者を迎えず、6年間の一貫した教育課程や学習環境で学んでいくことです。

公立中高一貫校の適性検査

 公立の中高一貫校の入学者選抜においては、いわゆる「学力検査」を行ってはいけないと定められています。ですから、中等教育学校の選抜は「適性検査」という形で行われます。
 一般の私立中学校の入試問題は知らないとできない知識問題が多く、知識の量=(イコール)得点となりやすい側面があります。
 しかし、中等教育学校の「適性検査」の問題はそれとは異なる視点で作られています。したがって、「適性検査」で得点を重ねるためのアプローチは、私立中学校の入試問題で得点力を上げる学習とは異なってきます。
 知識問題や定型問題をスピードをもって処理していく力というより、たくさんの情報量の中から、知っている内容をうまく組み合わせ、情報を正確に読み取り、その場で問題を解決していくというような柔軟な思考力、総合力が問われます。
 与えられた情報の中から、必要なことを選んで自分なりにまとめあげる力を高めていく必要があります。

公立中高一貫校対策講座 
〜 ステップの取り組み方の基本

 公立中高一貫校の倍率は一時期に比べ落ち着いてきましたが、それでも募集倍率は5~7倍(県立)と高い数字となっています。したがって、結果だけ見ると不合格になる生徒の方が多いのが実態です。
 この点は、スタート前に各家庭で確認していただきたい点です。私たちは、仮に結果として不合格になったとしても、1年間ないしは2年間の学習の中で、生徒の将来に向けて何かがしっかり残るものであってほしいと考えています。
 ですから、ステップのスタンスは「公立中高一貫校の受検にすべてをかけ、小学校生活を犠牲にしてまで打ち込んでいく」というものではありません。合格をめざしながらも、同時にここでの学習経験を通じて「知る」こと、「学ぶ」ことへの興味や関心が広がり、それが生徒の中に生きていって欲しいと考えています。
 ステップの公立中高一貫校合格実績

小6生対象 公立中高一貫対策講座

講座内容

授業について
 毎回の授業では、過去に出題された神奈川県の適性検査の問題の類題を中心に、幅広く全国の適性検査問題に取り組みます。
 算数や理科をベースに推理する力や条件から整理する力が必要な問題は理系分野として、また、資料を読み解いてその特徴をまとめたり、長文を読み込んで自分なりの意見を記述したりする問題は文系分野として集中的に学習を積み重ねます。
 また、幅広い知識を身につけるさまざまな教科横断型の問題にも取り組んでいます。例えば、「地球の温暖化問題」や「エネルギー問題」、世界的な「水不足」「食糧不足」。さらに、「少子高齢化」などの身近にある社会的な問題などをテーマとし、学習を深めていきます。
 2学期からは授業時間を大幅に増やします。本番の適性検査での対応力を高めるため、毎回の授業前に神奈川県の適性検査の出題傾向に合わせた計90分間の「適性検査模擬テスト」を実施します(週2回クラスは授業後に45分の模擬テストを実施)。授業ではそのテストに合わせた重要なポイントを確認し、一人ひとりの得点力を養成していきます。本番に準拠した「適性検査模擬テスト」を繰り返すことで、時間内に正確な答案を作り上げる力が大きく前進していきます。
 これらの取り組みによって培った力は、これからのいろいろな場面で大いに役立つはずです。

グループ活動とは
 相模原・平塚中等教育学校の適性検査には、「グループ活動」があります。これは8人程度のグループに分かれ、与えられたテーマで議論や作業をしていくもので、発言の内容や議論、作業をまとめていく力が評価される検査です。検査当日に初めて顔を合わせたメンバーと与えられたテーマで議論を深めなくてはならず、経験を積んで参加しないと、思うような活動になりません。
 ステップでは、中等教育学校を目指す生徒の皆さんと年間を通して「グループ活動」の練習を行っています。本番同様に生徒だけで「グループ活動」を進行させ、テーマにそった積極的な発言はもちろん、限られた時間の中でグループとしての意見をどうまとめていくかなど、さまざまな場面での経験を積んでいきます。取り組みの後は、一人ひとりによかった点や今後の課題点をアドバイスしていきます。
※2021年度入試では、新型コロナウイルスの影響でグループ活動が実施されないことになりました。ステップでも入試の変更にあわせて受検対策を実施します。

月曜模試
 2学期の9月~12月にかけて、全5回の「月曜模試」を実施します。この模試は神奈川の適性検査に合わせ、45分間の総合問題を2セット行います。当日すぐに答案のコピーを返却し、e-STEPにて解説動画を公開しますので、受検したみなさんはその日のうちに自己採点と間違い直しをすることができます。この模試は全5回行い、個人別の成績表を発行しますので、現状での学習の到達度のチェックをすることができます。

ページトップへ戻る

2020年度 開講スクール

*週2回クラス・週1回クラスともにほぼ同じ教材と進度で授業を進めていきます。
*週1回クラスは週140分、週2回クラスは80分×2回で週160分です。

【2学期の授業に関して】
*2学期より総合問題の演習を行いますので、時間が長くなります。
*午前中からの授業には軽食タイムがありますので、軽食をお持ちください。

2020年度 年間予定

2020年度 授業料

*9月以降の通常授業料がアップするのは、受験に向けて授業時間数が増加するためです。
*夏期講習は全5回、全10回、全15回、全20回の選択が、冬期講習は全4回、ないしは全8回の選択ができます。

週1回土曜クラス(週140分)
学期 授業料 講習費 諸費用 合計納入額
1学期 4月 14,300円 -- 4,100円 18,400円
5月 10,700円
(3週相当)
-- -- 10,700円
6月 14,300円 -- -- 14,300円
7月 10,700円
(3週相当)
-- -- 10,700円
8月 -- 夏期講習
14,300円(5回)
28,600円(10回)
42,900円(15回)
57,200円(20回)
-- --
2学期 9月 21,000円 -- 4,100円 25,100円
10月 21,000円 -- -- 21,000円
11月 21,000円 -- -- 21,000円
12月 15,800円
(3週相当)
冬期講習
11,200円(全4回)
22,400円(全8回)
-- 27,000円
または
38,200円
3学期 2021
1月
21,000円 日曜講習 28,500円(全4回) 2,000円 51,500円
週2回平日クラス(80分×2=週160分)
学期 授業料 講習費 諸費用 合計納入額
1学期 4月 16,300円 -- 4,100円 20,400円
5月 12,200円
(3週相当)
-- -- 12,200円
6月 16,300円 -- -- 16,300円
7月 12,200円
(3週相当)
-- -- 12,200円
8月 -- 夏期講習
14,300円(5回)
28,600円(10回)
42,900円(15回)
57,200円(20回)
-- --
2学期 9月 24,000円 -- 4,100円 28,100円
10月 24,000円 -- -- 24,000円
11月 24,000円 -- -- 24,000円
12月 18,000円
(3週相当)
冬期講習
11,200円(全4回)
22,400円(全8回)
-- 29,200円
または
40,400円
3学期 2021
1月
24,000円 日曜講習 28,500円(全4回) 2,000円 54,500円