暑い夏を乗り切る! 我が家の麺類アレンジレシピ

 

暑い夏のお昼ごはんには、手軽に食べられる麺類が人気です。
今回は、小5・小6の保護者の方に、お子さんに喜ばれる「我が家の麺類アレンジ」をお聞きしましたので特集いたします。

□■ 目次 ■□
1.うどん、そうめん
2.パスタ
3.焼きそば
4.その他

うどん、そうめん

・子供が大好きなそうめんのつけあわせ。なす(1cm角)、ひき肉、ネギを油で炒めて、みそ、醤油、砂糖で甘じょっぱく味つけ。最後に片栗粉でとろみをつけてできあがり!(小5/AEさん)

・特にそうめん、うどんの際によく作るつけ汁があります。つめたい麺のつけ汁にしそ、かいわれ大根、みょうがを細かく刻んでつゆに入れ、豚肉か牛肉の冷しゃぶも一緒にして食べるとおいしいです! 大人の方はラー油を入れても、またひと味変わります。(小5/こまままさん)

・暑い夏は、具だくさんの“冷やしたおそうめん”をよく作ります。しそ、オクラ、納豆、小ネギ、みょうが、しょうが、白ごま、のり…すべて小鉢に入れ、食卓に並べ、好みの具材をのせて各自で食べます。薬味がたくさんあるとおいしいです。(小5/Sさん)

・暑くなってくると「夏のお昼ごはん」に限らず、麺類が増えます。そうめんのときは、具材は冷やし中華と同じように、玉子、きゅうり、かにかま等を用意しておくと、めんつゆにつけながら食べてくれます。(小6/ボクさん)

・我が家の麺類人気メニューNo.1は「群馬式うどん」。群馬にある私の父の実家に集まると必ず出てくることから、この名前で呼ばれています。醤油ベースの温かい濃いめの汁に豚バラうす切り肉を入れて、ざるうどんをつけて食べる、つけ麺方式。薬味には長ネギ、ほうれん草、そして欠かせないのがごま油のきいたきんぴらごぼう。お昼でも夜でも、様々なときに登場し、子供は作っているときの香りで喜ぶほど大好き。家族5人で、うどん10束軽く食べてしまいます(笑)。(小5/T.Tさん)

・麺つゆに納豆、キムチ、あげ玉を入れて食べるうどんです! 冬は釜あげうどん、夏は冷うどんで。納豆、キムチでタンパク質や乳酸菌も取ることができて最強タッグです。うどんを茹でておけば、子供が麺つゆに納豆、キムチを入れるだけで食べられます。(小5/Mさん)

・我が家のお昼ごはんの定番メニューは、「ぶっかけそうめん」です。鶏ささみ、きゅうり、青じそ、みょうが、しょうが、白ごま、カニかま、青ネギ…などを刻んで、そうめんの上にのせ、つゆをかけて食べます。食欲がないとき、栄養面でもおすすめです。ときどき豚のしょうが焼きなどもトッピングすると、ボリュームも出て、子供が喜びます!(小5/リュッカさん)

・我が家では、そうめん、うどん、そばに限らず“ひき肉の甘辛炒め”をトッピングで用意します。ねぎ、しそ、きゅうり、トマト、いり卵、しょうが、ラー油など、トッピングを多めに用意して好きなように食べます。ひき肉の甘辛炒めは、ちょっとしたボリュームアップにもなり、夏を乗り切れます。(小5/ちーさん)

・“肉吸い”を作って、お鍋ごと冷やしておきます。あとは、そうめんでもうどんでもおそばでも、冷たい麺にかけて食べればOKです。子供たちはお肉いっぱいだと喜びます。肉を挽肉にしてもおいしいです。お野菜も一緒に!(小6/Sさん)

・子供は2~3歳の頃に某「○○製麺」で食べて以来、釜玉うどんが大好きです。最近では、冷凍うどんを使って自分で作れるようになりました(簡単ですものね…)。日によって、ごま油やオリーブオイルをたらしたり、万能ネギを山盛りでトッピングしたりしてアレンジしているようです。この夏は家族みんなの分を作ってもらおうかな~と密かに期待しています。(小6/黒犬のゆうさん)

・セルフサラダ麺? 好きな具材(蒸し鶏、ハム、きゅうり、もやし、ゆで卵等)を切って並べて、好きな麺(そうめん、そば、うどん)を茹でて、好きなつゆ、好みでマヨネーズをトッピングして、好きなように食べます。(小6/Mさん)

・タッパーにレタス、きゅうり、ミニトマトなどのサラダを用意しておくと、流水麺や、レンジで温めるだけのうどんを本人が準備し、サラダをのせ、めんつゆとマヨネーズでサラダうどんにしています。野菜は好まない方ですが、サラダうどんにすると野菜もたくさん摂れるのでおすすめです。(小6/さらいぶさん)

・我が家の「サラダうどん」は、めんつゆ1、豆乳1で割ります。レタスや茹でたもやし、きゅうり、トマトなどドレッシングであえた野菜、冷しゃぶやツナマヨをのせて盛りつけます。たんぱく質が足りないときは豆腐も一緒にのせちゃいます! 食欲が落ちる夏もたくさん野菜が摂れるし、よくリクエストされるメニューです。(小5/Iさん)

・うちの娘はレタスを見ると「サラダうどんが食べたい!」と言います。冷たくしたうどんの上にレタスなどをのせ、少なめのめんつゆにゴマドレッシングかマヨネーズをかけて完成! 簡単で野菜も食べられて、楽ちんです。(小5/くいしんぼうさん)

・我が家の子供たち(自分も含めて)は運動量が多いので、「肉」が欠かせません。冷たいうどんの上に豚しゃぶサラダをどーんとのせた一品料理が好評です。つゆはカツオだしで。きゅうり等を和えた豚しゃぶに、焼肉のタレと大根おろしをかけると「合う!」と声をそろえて言います。いろいろなタレを試した結果、行き着いた感じです。(小5/ウホリシアさん)

・茹でて冷やした中華麺やうどんに、刻んだレタス、もやし、きゅうり等の野菜をのせ、さらに上から、炒めて焼肉のタレを絡めた薄切り肉をのせた「焼肉のっけ麺」が小・中・高、3人の子供たちに好評で夏場はよく作ります。子供にお願いするときは、「流水麺」に温泉卵、あげ玉、刻みネギ等をのせるだけのものが手早くできて良いようです。(小6/ラストお母さん)

・鶏ひき肉を赤味噌と豆板醤で味つけしたピリ辛の肉味噌をたくさん作って、一人前ずつラップで小分けして、冷凍保存しています。食べるときは、冷凍うどんを温めて、千切りきゅうり、水菜、トマト、錦糸卵をのせて、冷凍庫から出しておいた肉味噌を絡めれば、お手軽「ジャージャー麺」です! 子供のお留守番ランチメニューにしています。(小5/S.Sさん)

・夏休みのお昼ごはんは、ささっと作れてさっぱりとしたそうめんをよく作ります。我が家には「流しそうめん機」があるので、その中にそうめんの他、きゅうり、プチトマト、みかんを入れます。水の中をぐるぐる回っているそうめんをすくって食べるのが楽しいようです。(小6/モフモフさん)

・簡単に作れる「さば缶の冷やしおろしうどん」を紹介させていただきます。さば缶は、汁気を切ってザッとほぐし、大根はすりおろします。冷凍うどん等を、表示どおりにもどして、めんつゆに水を足し、冷やしうどんを入れます。大根おろし、さば、かいわれ大根またはネギを上にのせてできあがりです。時間がないときなど、簡単に作れて便利です。子供も自分で作れそうなメニューです。(小6/ピューくん)

・「ツナトマトそうめん(4人前)」
<材料> 流水麺そうめん4人前、トマト3個、
[A…まぐろ油漬け缶(70g)2缶、オリーブ油大さじ2、レモン汁小さじ1、しょうゆ大さじ1、塩少々、砂糖小さじ1/2、こしょう少々]、スウィートバジルの葉4枚
<作り方> ①トマトは角切りにしてボウルに入れる。 ②①のボウルにAの材料を入れてよく混ぜ合わせる。 ③流水麺そうめんをさっと水に通して、よく水気を切る。②のボウルに入れて全体をよくからめる。 ④器に盛りつけて、手でちぎったバジルを散らして完成。(小5/hiromiさん)

・<材料> 冷凍うどん、キムチ、豚肉(酒、醤油で下味)、粉末だし、しょうゆ、万能ネギ、卵の黄身、きざみのり
<作り方> ①冷凍うどんをレンジで解凍する。 ②フライパンで豚肉を炒め、色が変わったらうどんを投入。 ③粉末だしをかける。 ④キムチを入れて炒め、醤油をひとまわし。 ⑤お皿に盛り、ネギ、黄身、のりをかけてできあがり! キムチが大丈夫な人には、とてもおいしいと思います。(小5/なっちさん)

・コストコの「プルコギビーフ」を使って、焼きうどんにしています。味つきなので、とてもおいしいです。
 あと、「流水麺」って便利ですよね! 夏休み、私が仕事でいないときは刻んだキュウリ、ハム、卵などを冷蔵庫に入れておいて、子供は好きにトッピングしてからめんつゆをかけて食べていました。(小6/ぐでとも。。。さん)

レシピ動画「クラシル」の“にら香る 坦々つけうどん”というレシピが、簡単+おいしくて我が家の人気メニューです。豚ひき肉、ニラ、長ネギ、調味料があればあっという間にできて、特に男子ウケ抜群です。うどんは冷凍のものを使い、レンジで温めている間につゆを作っています。(小5/ゆうさん)

・息子たちは、そうめん、うどんのつけ汁で“冷や汁”が大好きです。私の故郷では夏になると味噌、すりごま、だし粉、青じそ、きゅうりで作る味噌だれの冷や汁をよくいただきます。麺類だけでなく、ご飯にかけていただいてもおいしいです。暑い夏、冷や汁に氷を浮かべてひんやり昼食。息子たちも夏バテせず、元気いっぱいです。(小6/ヒロさん)

・とにかくカレーが大好きな子供で、カレーが残った次の日は「焼きカレーうどん」にしています。グラタン皿に少量のカレーとうどんを混ぜて入れ、その上にチーズ、さらにカレーをかけ、オーブントースターで焼き色がつくまで焼きます。高カロリーですが、焦げ目がつくので香ばしく、また違った食感でおいしいです。(小5/Sさん)

・そうめんが余ったら、キャベツとピーマンをごま油で炒め、ツナ缶を入れて、そうめんと一緒に炒めます。めんつゆやマヨネーズで味つけをし、かつおぶしを最後に軽くまぶします。これは小5の娘も自分で作れます。(小5/H.Mさん)

パスタ

・我が家では、困ったときには「ナポリタン」がよく登場します。時間がないとき、疲れたときに、家にあるさまざまな野菜とシーフードミックス、ベーコンまたはウィンナーなど…具だくさんにして、フライパンで調理。麺を茹でている間にできるので、短時間で作れます。(小5/YYママさん)

・市販のトマト系ソースに、ナスとベーコンを焼いて、モッツァレラチーズをトッピングするだけで、「お店のよりおいしい!」と大好評です。(小6/ゆうこはかい母さん)

・茹でたパスタにミートソースをかけて、その上にピザチーズをかけます。トースターでチーズに少し焦げ目がつくまで焼いて出来上がり。よーく混ぜて食べます! ミートソースは、残ったカレーでもOK。(小6/サラ子さん)

・夏のお昼ごはんは、冷たい麺類のローテーションです。中でも、最近娘が気に入っているのが「冷製パスタ」。細めのパスタを冷水で冷やし、冷蔵庫に入れておいたパスタソースとあえるだけですが、刻んだトマトと、プランターで育てたバジルを2~3枚のせると、さわやかな香りで食欲が増します。娘に頼むと喜んで摘んできてくれ、それも楽しみの一つのようです。(小5/こまさん)

・ペペロンチーノが大好きな息子なので、ニンニクと野菜をたくさん入れて作ります。キャベツ、キノコは火を通して入れたり、別のときにはペペロンチーノの上に生野菜とレモンを添えたり、自宅の庭からバジルを取ってきて入れたり…。ペペロンチーノだけでも、たくさんのアレンジができます。ポイントはおいしい塩を使うことです!(小6/ピロピロさん)

・麺類に関わらず、“具”があんまり好きではないので、ペペロンチーノ系のパスタをよく作ります。パスタとともにキャベツ等の葉物野菜を茹で、アンチョビ、しらす等とオリーブオイルで和えるだけ。今年の夏は、娘に作ってもらおうかな!(小6/Wさん)

・アボカド好きの娘のために、「アボカドとしらすのパスタ」をよく作ります。やわらかめのアボカドを使って、オリーブオイルとにんにくと一緒に。アボカドが麺にからむと最高です。(小6/maruさん)

焼きそば

・焼きそばはみんな大好き。市販のソースつきの麺を買っていましたが、最近は麺だけを買って味つけは好みによって変えています。いりこだし+塩+こしょうで「塩焼きそば」にしたり、ウスターソース+中濃ソースで「王道ソース焼きそば」にしたり…アレンジを開発中です。(小5/Fさん)

・うちの子供はアレンジしたものより普通を一番好みます…。あえて言うなら、テレビで紹介されていた方法で、蒸し焼きそばを作るときに袋に書かれている水を入れる方法ではなく、先に熱湯で麺の油を落としてから調理するという方法を試したところ、とてもおいしくできるようになりました!(小6/マーチとミルクさん)

・焼きそばの麺をほぐさず、多めの油で焼きつけて、外をパリパリにします。別のフライパンで、お好みの野菜、肉、魚介類などを入れて炒めて、中華のあんかけを作ります。それを麺の上にかけると、安い焼きそばで「中華あんかけ焼きそば」のできあがりです!(小6/Hさん)

その他

・最近、我が家での流行りは「揚麺(皿うどん)」です。野菜たっぷりのあんかけは、塩味、醤油味、海鮮、お肉…と多彩にアレンジ可能で、具材だけ用意しておけば麺を茹でる必要がないので、子供だけでも準備できます。栄養バランスもばっちりです。(小6/Sさん)

・うちではよく冷や麦を使います。冷や麦を釜揚げにして、熱いまま、生卵を落としたおつゆをつけて食べます。父も子供も大好きで喜んで食べてくれます。うどんより早く茹でられるので、準備も楽です。残ったら、野菜と一緒に炒めて「焼き冷や麦」にします。(小6/ピータートムさん)

・夕食を肉味噌丼にするときは多めに作っておき、翌日の昼食でジャージャー麺風にして食べます。冷やし中華よりも、普通のラーメンを気持ち長めに茹でて水でしめると、コシが強いので、家族は気に入っています。(小6/ボクさん)

・夏休みのお昼、我が家ではラーメンサラダをよく作ります。夏野菜をたくさん入れれば、栄養も摂れて、嬉しい限りです。(小6/Nさん)

・我が家の困ったときのランチメニューは、めんつゆに「なすと豚肉」を入れたつけめん風そうめん、マヨネーズが決め手のサラダうどん、豚ひき肉を使ったタコライスで乗り切ります。野菜も摂れますし、どれも短時間でできます。タコライスはカレー味にすれば間違いない! 試合のときなどのお弁当にも度々登場します。(小5/CJマーティンさん)

***

当ブログでは、昨年も、保護者の方からいただいた「我が家の夏休み定番レシピ」をご紹介しました。夏でも食べやすいごはんものや、お弁当のアイデアを掲載しています。こちらもぜひご覧ください!
「我が家の夏のお昼ご飯」の記事一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket