弘明寺丿貫@弘明寺

   2019/05/09

ステップの教師・スタッフの中にはラーメンファンが多数います。独身の先生たちの中には仕事柄、授業終了後に何人かで毎週のように深夜ラーメン店に出没する猛者も。そんなラーメンファンの職員の協力で「私のイチオシ!神奈川のおいしいラーメン店」を特集してみました。

弘明寺丿貫@弘明寺

市営地下鉄弘明寺駅近くにある、煮干しラーメンのお店「丿貫(へちかん)」です。

数年前、つくばのとある有名店で食べた煮干しラーメンと、セットの「和え玉」(博多ラーメンの「替え玉」に、油そばのような味付けをしたものです)が忘れられず…。横浜近辺でもああいう麺を食べられないか、と探し求めていたところ、このお店を見つけました。
向かったのは日曜日の13時ごろ。お昼どきを少し過ぎたかなと思いきや、まだ10人以上の行列が。30分ほど待って、やっと入店できました。
基本の「煮干しラーメン」「黒酢和え玉」のほか、毎日替わる限定メニューも充実しています。
うんうん悩みながらメニューの裏をめくると「いろいろ召し上がりたい方に ハーフ&ハーフ」なる文言を発見! なんでも、麺類(ラ―メン・和え玉)はすべて0.5玉(麺半分)に変更できて、50円引きになるのだそう。
「いろいろ召し上がりたい方に」なんて言われてしまうと逆らえないのが食いしん坊の性というもの。ラーメンと和え玉を0.5玉ずつに、小さい丼ものまで注文してしまいました。

はじめにやってきたのは「炙り肉めし」(350円)。
ごはんの上に、柔らかな薄切りチャーシューが数枚。これが甘めのピリ辛ソースとよく合う! ラーメンが来る前にぺろりと平らげてしまいそう…。
しかし、ラーメン屋さんのごはんものはラーメンスープと一緒に食するのが私のポリシー。勢いよくかきこみたい気持ちを抑えて味わっていると、限定ラーメン「ダブルニボプレッソ」(通常900円、0.5玉で50円引き)が到着しました。

この日の限定ラーメン「ダブルニボプレッソ」。

一口すすって、感動です。ニボプレッソと名乗るにふさわしい、濃厚さ! 
粘度が高いだけでなく、煮干しの香ばしさや苦味がこれでもかと詰め込まれたスープです。残しておいた肉めしの甘辛いタレと交互に食べると、口の中がちょうどいい状態になります。

半分ほど食べたところで、店員さんに「和え玉お願いします!」。しばらくして運ばれてきたのは、「蟹ミソの和え玉」(通常400円、0.5玉で50円引き)。

蟹味噌がたっぷりかかっています。

ざっくり混ぜて、そのまま頂くと、贅沢な蟹味噌の味と香りが広がります。これだけで充分おいしいのですが、続いて先ほどのニボプレッソスープに和え玉を入れて、つけ麺風に食べてみると…蟹味噌の甘さで煮干しの苦味が若干マイルドになり、煮干し×蟹の奥深い味わいに!  
こんな「味変」を楽しみ、すっかり「煮干しラーメン欲」を満たすことができました。

「丿貫」ではぜひ、煮干しラーメンと和え玉のコンビネーションを味わっていただきたいです。
私のように0.5玉ずつ何種類も食べたり、誰かと一緒にシェアしながら食べるのもおススメです! 

address横浜市営地下鉄・弘明寺駅から徒歩1~2分ほど

住所 横浜市南区通町4-111
お店のTwitterアカウントはコチラ


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket