我が家の夏休み定番レシピ アイディア編その2

 

夏休みに入ると、悩むのが毎日のお昼ごはん。そこで、小5・6の塾生の保護者の方から「夏のお昼ごはんのおすすめメニューや食生活で工夫していること」を紹介していただきました。
今回はアイディア編 その2。お家で食育!?

温かいスープを毎食取り入れるように

暑いのでそうめんや冷やしトマトなど冷たいものを好むのですが、体を冷やしすぎないよう温かいスープを毎食取り入れるようにしています。食生活はとにかくバランスを考えて、お肉、お魚を交互にとれるように、また野菜を少しでも多くとれるよう具沢山のお味噌汁なども作っています。(小5/H.Oさん)

ワンプレートにして冷蔵庫へ!

お昼ごはんはワンプレートにして冷蔵庫へ入れて、食べるときにご飯だけ乗せて食べてもらっています。ワンプレートだと洗い物が少ないので仕事から帰ってきても洗っておいてくれるので嬉しくなります。(小6/オリーブさん)

韓国料理の「カルグクス」に挑戦

夏休みは息子とともにごはん作りをします。親から学びたい料理がメインになります。韓国料理が好きな我が家では、今年「カルグクス」に挑戦する予定です。麺をコネコネして楽しみたいです。(小5/U-knowさん)

自分で作った料理、野菜で…

我が家では小さい頃から一緒に一品でもお手伝いをしてもらいながらごはんを作っています(学年が上がるにつれ、一緒に作るのが時間的に難しいときもありますが)。作ることにより、苦手なものが少しでも食べられるかなと思いやっています。夏休み中は、畑から野菜を収穫して食事を作ります。自分で作ったおかず等なので、喜んで食べています。(小6/あいママさん)

待ち合わせしてファーストフードで食べることも

仕事に出ているため、基本的にはお弁当です。唐揚げや卵焼きなどの定番メニューになってしまうため、プラスで野菜サラダ等を用意するようにしています。リクエストのそうめんや冷やし中華などの麺類は夕飯に。ときどき、仕事終わりに待ち合わせをしてファーストフードで食べることも。本人はお昼ごはんにこだわりがあまりないようで、早く食べて友達と遊びたいとの思いが強いみたいです。(小6/A.Sさん)

作ってみました!「塾ごはん」 
「部活で遅くなり、学校から帰ってきてすぐに塾に向かう時、ゆっくりご飯を食べている時間がないことも多い。そんなとき、ステップに行く前や、スクールで手早く食べることができるメニューを特集してほしい!」という声が保護者の方から寄せられています。その声にお応えし、手軽に食べられる「塾ごはん」を紹介しています。  
保護者のみなさまからの投稿もお待ちしています。  
※料理写真・料理名・ペンネーム・作り方・コメントを添えて、ステップニュース掲載のアドレスまでお送りください。掲載させていただいた方には、粗品をお送りいたします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket