特色講座

ステップでは全スクールで公立入試で記述式の特色検査を実施する高校を志望する塾生を対象に記述式問題をはじめ、さまざまな問題形式への対応力養成をめざす特色検査対策講座(塾生対象)・特色検査模試を実施しています。

特色検査とは? | 特色検査対策模試 | 特色検査対策講座

特色検査とは?

 現在の公立高校入試では教科横断型の問題や、英語の口頭試問など、従来の学力検査とは一線を画す「特色検査」を一部の高校で導入しています。教科の枠を超えた内容で思考力・記述力が要求される入試で、全体の中で200点ないしは100点という重みがあるため、合否を左右する大きなポイントになります。
 '18年度までは実施校がそれぞれ独自に作問していましたが、'19年度入試より、横浜翠嵐高校、柏陽高校、湘南高校、厚木高校、希望ケ丘高校、横須賀高校、平塚江南高校は共通の特色検査問題と各高校選択の共通選択問題を用いて実施。横浜緑ケ丘高校、横浜市立横浜サイエンスフロンティア高校、横浜国際高校(国際バカロレアコース)も、特色検査を導入しています。さらに'20年度入試からは、今まで特色検査を導入していなかった川和高校・多摩高校・光陵高校・横浜平沼高校・鎌倉高校・茅ケ崎北陵高校・小田原高校・大和高校・相模原高校の9校が新たに共通の特色検査入試を実施する予定です。
 これに対応してステップでは、中2・中3の通常授業で、毎週土曜日に従来の理科・社会に加えて「特色・記述対策授業(通称『特記』)」を実施。この授業では、特色検査対策と共に、5科目の「記述問題」への対策を行います。

特色検査対策模試

特色検査模試 問題用紙

中3はほぼ1ヶ月に1回のペースで、1学期から特色検査対策模試を実施しています。ペーパーテスト型の特色検査は、資料を読み取って自分の考えを記述したり、英文が出たり、計算が必要だったりと、教科横断的な問題が出題され、従来の学力検査とは形式が大きく異なります。回数を重ねることで、いろいろなテーマの問題に慣れて、自信をつけていきましょう。

受験料:塾生…1回1,500円 一般の方・メイト生…1回3,000円
中3生の一般の方の模試のみの受付は第6回までです。
中2生の一般の方の模試のみの受付は第1回までです。

2019年度 特色検査模試日程表

※現段階での予定ですので、一部変更になる可能性があります。

中3生対象
特色チャレンジ模試
4/13(土)
~15(月)
第6回 
12/15(日)
第1回
5/11(土)
~13(月)
または
5/18(土)
~20(月)
冬期講習版
1/5(日)
第2回
7/6(土)
~8(月)
直前第1回 1/12(日)
夏期講習版
7/27(土) 直前第2回 1/19(日)
第3回
9/22(日)
または
9/29(日)
直前第3回
1/26(日)
第4回
10/27(日) 直前第4回
2/2(日)
第5回
11/24(日) 直前第5回
2/9(日)
中2生対象
特色チャレンジ模試
7/16(火) 第2回 2020年
3/5(木)~7(土)
第1回 
12/9(月)
丁寧な添削

ステップの特色検査対策模試はステップの教師陣が一枚ずつ丁寧に採点・添削を行っています。
「主旨は合っているが誤字脱字の多いケース」「計算は合っているが単位の換算で間違っているケース」「本文からの引用の際に写し間違えているケース」「書く糸口がつかめず白紙に近い状態になっているケース」…さまざまな答案に一枚ずつ赤字をいれ、どこを直せばよいのか、書きづらい場合は何を意識して取り組めばよいのか等をサポートしていきます。

ページトップへ戻る

特色検査対策講座

中2・中3生を対象に、年間を通して週1回の特色検査対策講座を開講しています。記述問題はもちろん、暗号解読やクイズに近いような柔軟な思考を問うもの、教科的な問題に近いものなど、様々な問題形式に対応できるよう、幅広く作成した問題に取り組んでいきます。
また、部活や習い事の関係で講座に出席できない方のために「添削講座」も実施しています。
※この講座は塾生対象です。

ページトップへ戻る